コーディネート

マンションリノベーション

Client
熊本市中央区 H様邸
Coordinator
野口尚代
Concept
受け継がれていく素敵な空間

今回のお客様をご紹介いたします。
熊本市中央区マンションをリノベーションされたH様邸に家具を納品をさせていただきました。
少し前になります、6月にお話しを聞かせていただきました。
まずはご主人用のデスクチェアから。

椅子徳製作所(イストク)のBRANCH(ブランチ)チェア。
デザイナーは山田佳一朗さんです。
精度の高い木工や、熟練の張りの技術を活かした美しいフォルム。暮らしの中での使い心地を追求した機能性。それらをデザインでつなぎ、生まれるのがイストクの家具です。細部までこだわりのあるデザインを堪能できます。
背と座面を丈夫なアクリルテープで編んだことで夏場の涼しさだけでなく、お尻の下に硬さを感じないという利点があります。
息子君のSちゃんもお気に入りのチェアです。

フレームは強度を保ちつつ曲木の技を活かし、一本の無垢の脚が背やアームへと枝分かれるようになっています。家で例えると、柱と柱を建てて梁を作るという流れですが、この椅子はその逆の考え方で梁がありその後から柱が構成されているそうです。
18ミリ厚の細い脚は枝分かれして座枠と三角構造を形成し、50ミリ幅の材と同等の強度を作りながらも指で軽々と持てるような軽さを実現しました。イストクさんの高い技術が生んだ新たな構造が、独特の意匠と軽さを備えた椅子を作り出しました。

この椅子の凄さは座って初めて分かります。そしてその時に動く部材を見ると、さらに実感できます!!
現在、HTD本店にありますので気になる方はお試しくださいませ。

ダイニングテーブルはHTDオリジナルのダイニングテーブルです。

こちらはHTD立ち上げ当初から作成している商品でHTD FURNITURE(HTDファニチャー)というブランドになります。
その中のDT03というシリーズで、ブラックチェリーの無垢材(節有り)で、天板厚は25mmという仕様になります。
当店が使用している天板は質のいい木材のみを使用しておりますので木目も美しく揃えております

横から見たお写真です。脚はアイアン60×30のロの字脚(床に沿わせてアイアンがあるものをロの字と読んでいます)見る角度によっては薄く軽やかに見せ、横からは重厚感のある雰囲気が楽しめます。
天板に幕板を付けないことでアーム付きのチェアでも収まりが良くなります。
チェアはISU WORKS(イスワークス)のMAG(マグ)チェアです。
デザイナーは高橋三太郎さんです。

滑らかなカーブの背もたれと、そこから繋がるアームと脚のライン美しいダイニングチェアです。

優れた木工技術によって生み出された椅子は、デザイナーが追求した座り心地と美しさを兼ね備えています。肘掛はセミアームタイプなのでテーブルにも収まりが良く、出入りもしやすいのも魅力のひとつです。さらに軽量でスタッキングでき、実用的で扱いやすいのが特徴です。

ベンチはナガノインテリアのFriendly!!ベンチDC325のブラックチェリーです。

座面が縁から中央まで少し傾斜しており、痛さを感じない座り心地です。
フォルムもシンプルで、丸みのある縁の形状がとても触り心地もいい商品です。
こちらを上から見た状態です。
床がホワイトオークで家具をブラックチェリーで合わせた時はこんな雰囲気になります。

納品からまだ1カ月なのでそこまで大きく変化してませんが、ブラックチェリーは赤く茶色に変化していきます。それも楽しみの1つですね!

テレビボードはHTD FURNITURE(HTDファニチャー)で無垢材とアイアンの組み合わせになります。

こちらもオリジナルで作成しており、よりシンプルなTVボードをデザインを追求しました。
材料はホワイトオークです。壁がまたカッコいいです♪

カーテンから差す優しい雰囲気の中、スピーカー、コンクリート、アイアンと配置されており、無骨な中にも繊細さを感じる空間でした。
今回麻生田にもお打ち合わせでご来店いただいて、一緒に併設されているGreen&Red racineさんの植物もご購入いただきました。

素敵な空間に家具を納品させていただきました。ご家族3人が揃ってはじめて完成された空間!
こっそり撮影してみました。
梅雨時期で大雨が続いていた日々でしたがお伺いした前後は雨も降らず、太陽も見えるほど奇跡のタイミング。
家具を通して、H様ご家族の優しさに触れたお時間でした。
お忙しい中この機会を与えていただき感謝いたします。

今回ご提案した家具

最新の実績