コーディネート

ウォールナットを基調としたコーディネート

Client
熊本県熊本市南区 T様
Coordinator
野口貴生
Concept
シャープさと柔らかさを融合させたコーディネート

熊本の住宅メーカー、”松栄住宅”様からのご紹介でご来店されたT様。
雑誌でも当店のことを知っていただいており、一度来てみたかったとのことでした。
T様邸は、建具や床もウォールナット色ということもあり、そのままウォールナットで統一したいとのご要望。
ウォールナットの家具で統一すると、重厚感のある空間になりがちですが、あえて、シャープなダイニングテーブルとチェアを合わせることで、すっきりとした印象のお部屋になります。
そこでセレクトしたのは、曲線と細いラインが綺麗なシキファニチアのノースダイニングテーブルとスリットアームチェア。

小さいお子様がいらっしゃるT様。
ノースダイニングテーブルの角の部分はR加工(角を丸くする加工)してあり、安心してご使用いただけます。
テーブル、チェア共、曲線が美しく、洗練されたデザインです。

ベンチは、ナガノインテリアのFriendly!!bench(フレンドリーベンチ)。

丸くてシャープな脚は、ノースダイニングテーブルとの相性ばっちりです。

続いて、リビング。
ダイニングとは対照的に重厚感のある杉本家具のフラッグソファをセレクト。
フラッグソファは無垢材を贅沢に使用したウッドフレームに、耐圧分散に優れた最高級ウレタンのレスピールという素材を使用するなど、デザイン性だけではなく、座り心地や耐久性にも優れたソファです。

ソファを置くスペースの後ろに部屋があるため、その部屋から眺めるフラッグソファのフレームはとっても素敵です。(T様にここからの眺めが良いと教えていただきました!)

続いて、TVボード。
テレビが壁かけだったため、シンプルかつ脚付きのテレビボード、志岐インテリア工業のRISE(ライズ)をセレクト。

アクセントカラーのネイビーの壁面が素敵にマッチしています。

ダイニングは柔らかな雰囲気で統一し、リビングは重厚感のあるソファをセレクトしたことで、バランスの取れたお部屋になったと思います!
詳しい間取りはご紹介できませんが、納得がいくまで図面を何度も何度も修正され、本当に過ごしやすいお宅になっていました。
お子様が”ホテルみたい”って言葉が印象的でした!!

T様、お忙しい中、写真撮影にご協力いただきまして、ありがとうございました。
また、いつでも遊びにいらして下さい!

今回ご提案した家具

最新の実績