コーディネート

こだわりの詰まった家

Client
熊本県宇土市 M様
Coordinator
野口貴生
Concept
1点、1点のこだわりが個性に

熊本の住宅メーカー”ロジックアーキテクチャ”様からのご紹介でご来店されたM様。
お部屋のアクセントにとタイル張りの壁や奥様セレクトのガラスの照明など、1点、1点、こだわりの詰まったM様邸。
そんな素敵なM様邸をご紹介させていただきます。

まずは、ダイニング。
ダイニングテーブルは、当店オリジナルの”SOLIDダイニングテーブル”をセレクト。
“SOLIDダイニングテーブル”は、木の”耳(丸太の一番外側の部分)”を残した天板を使用し、木本来の表情が愉しめるテーブルです。

”耳”を残したテーブルは和テイストに偏りがちですが、アイアン脚を使用することで、モダンテイストに振ることができます。

チェアは、北海道の椅子メーカー、”ISU WORKS(イスワークス)のMEG(メグ)とHUG(ハグ)。
ISU WORKS(イスワークス)の中でもNo.1とNo.2の人気チェアで、コンパクトながらも包み込まれる座り心地と軽さが魅力。
脚のラインも揃っているため、テーブルに差している姿も凛としていて素敵です。

ベンチは、ナガノインテリアの”Friendly!!bench(フレンドリーベンチ)をセレクト。
中心に向かって緩やかに座面が傾斜しており、木の座面とは思えない座り心地が魅力的です。
ダイニングはあえてブラックチェリーで統一し、重厚感のない空間に仕上がっています。

続いて、リビング。
ソファはMaruichi Selling(マルイチセーリング)のLEVITA(レヴィータ)をセレクト。
ダイニングとリビングは一体となっていますが、こちらはあえてウォールナットフレームに。

通常は樹種を統一しがちですが、樹種を変えることで、空間を豊かに演出することもできます。
インテリアは配色だったり、デザインのバランスだったり、質感だったりのトータルで考えれば、〇〇でないと!みたいなルールは意外にないと思います。
自由な感じでお部屋をコーディネートすると楽しいですよ!

それでは、最後に、M様こだわりのタイルとガラスの照明をご紹介です。
タイル張りの大きな柱に見えますが、実は冷蔵庫が隠れています。
キッチンの壁や壁の一面にアクセントで貼られているのはよくありますが、立体的に張ることで、よりタイルが映えますね!

近くで見ると、タイルの感じがとってもいいです。(かわいい雑貨も一緒に)

ガラスの照明も一つ一つ職人さんが作られているそうです。

以上、M様邸のご紹介でした。

今回ご提案した家具

最新の実績