コーディネート

ナチュラルモダンのインテリアコーディネート

Client
熊本県八代市 T様
Coordinator
野口貴生
Concept
建築家と一緒にセレクトしたこだわりのインテリア

熊本の設計事務所”西山英夫建築環境研究所”様に設計をご依頼されたT様。
T様のご要望をうまく取り入れながらも、計算されつくしたお宅だったため、家のコンセプトを崩さないためにも、建築家の西山氏と一緒に家具をセレクトさせていただきました。

まずは、ソファ。
T様は、室内犬を飼われる予定とのことだったため、少しでも張地が丈夫な帆布の張地が選べるものをご提案。
その中でもシンプルながらも洗練されたデザインのマルイチセーリングのLEVITA(レヴィータ)をセレクト。
フレームをアッシュ材にし、バイオウォッシュ加工されたナチュラルカラーの帆布と組み合わせることで、お宅のテイストにうまく溶け込みながらも、存在感あるソファに仕上がりました。

横からみた姿も素敵です。

リビングテーブルは、シンプルデザインの高野木工のプレーンリビングテーブルをセレクト。

奥行を短くし、幅を長くすることで、スタイリッシュな印象になります。

続いて、ダイニング。

ダイニングテーブルは建築家の西山氏デザインで造作に。

天板と脚を一体化させることで、備え付けのようなテーブルに仕上がります。

チェアは、SIKI FURNITUREのプレーンセミアームチェアをセレクト。
細身のフォームでありながらも、ゆったりとした幅のある座面で、ゆっくり寛ぎたいT様のご要望にマッチしています。

ベンチは岩倉榮利デザインの無垢と本革を使用した背付きベンチ。

こちらは、あぐらをかいて座れるほどの奥行があり、ダイニングでゆっくり寛ぎたい方にはおススメのベンチです。

最後にサイドボード。
お食事をしながらテレビを観たいというご要望だったため、立野木材工芸のBENCA(ベンカ)のMIMOSA Living board(ミモザ リビングボード)をセレクト。

丸みのある柔らかい印象のサイドボードで、ダイニング空間の雰囲気にうまく溶け込んでいます。
本当にT様邸は居心地のいい空間で、ついつい長居してしまいます。
個人的にはT様邸の廊下が好きで、高い天井と、その天井まで続く扉。
上から光も取り入れられ、平屋ならではの解放感でした。

お庭もとっても綺麗に整備されており、羨ましい限りです。

以上、T様邸のご紹介でした。

今回ご提案した家具

最新の実績