CORONA arm chair (コロナアームチェア)

ナガノインテリア

王冠の名にふさわしい、堂々たる佇まい

CORONAはラテン語で冠という意味。背にボリュームを持たせて立体的にし、サイドフレームは平滑でシンプルに。前脚に斜めにつながる木部は、立ち上がる際に掴むのにも丁度いい。この個性的なデザインは、村澤一晃氏によるものです。2014年にグッドデザイン賞も受賞しています。

Designer

村澤 一晃[Kazuteru Murasawa]

1965年東京生まれ。 垂見健三デザイン事務所を経て、1989年にイタリアに留学。 1990年よりセルジオ・カラトローニデザイン建築事務所(ミラノ)に勤務し、家具デザイン、インテリアデザイン、展示会会場構成を中心に担当した。 1994年にムラサワデザインを開設。 「現場での開発」を開発理念に、地域特性を活かした家具開発を中心に活動している。

Brand

ナガノインテリア

1946年創業の家具メーカー、ナガノインテリア工業が手掛ける家具ブランド、NAGANO INTERIOR(ナガノインテリア)。 ナガノインテリアでは、樹齢50年以上の丸太の製材から加工、組立、塗装、裁断、縫製まで自社で一貫生産。 ”使用される方を想い”、それぞれの工程で、熟練の職人が素材と向き合って家具づくりを行う。