salvia LIVING BOARD_SET UP SHELF

松井木工株式会社

匠が作りあげる精巧で器が映えそうなシェルフ。

リビングのサイドボードとして使う事で、来客者の目を引く事間違いないです。お家の中で1番目立つ所に置きたくなります。全て引き出しへの仕様変更も柔軟に対応してくれるとこも魅力的です。

Designer

村澤 一晃[Kazuteru Murasawa]

1965年東京生まれ。 垂見健三デザイン事務所を経て、1989年にイタリアに留学。 1990年よりセルジオ・カラトローニデザイン建築事務所(ミラノ)に勤務し、家具デザイン、インテリアデザイン、展示会会場構成を中心に担当した。 1994年にムラサワデザインを開設。 「現場での開発」を開発理念に、地域特性を活かした家具開発を中心に活動している。

Brand

松井木工株式会社

広島県にて大正15年に「松井木工所」を創業。高級婚礼家具やタンスを中心とした家具を製造していた。時代は流れ、生活環境の変化や物の捉え方に変化が起こり「時代が求める家具の製造を…」となり、この時にデザイナー村澤一晃と巡り合う事で「たんす屋」松井木工の新しいカタチがスタートする事となる。日本の風土や新しいスタイルとの融合するデザインにも魅了させられるが、高級婚礼家具を作り出していた技術力の素晴らしさは、触れた人にしかわからない驚きがある。