Aeron Chair Remastered (アーロン チェア リマスタード)

Herman Miller

数々の著名人が使用するには、たしかな理由がある。

一日の中で何時間PCに向かってますか?姿勢を気にした事ありますか?様々な事が便利になった時代ですが、それと引き換えに身体への負担(目・肩・腰)は増えてます。1994年に発表されたアーロンチェアを、最新の研究・マテリアル・製造に熟考を重ね、姿はほとんど変わらないままリマスターされた。

Designer

Don Chadwick[ドン・チャドウィック]

1950年代中期にUCLAの工業デザインの学生だったチャドウィックは、チャールズ&レイ・イームズの講義に出席し、家具のデザインに傾倒。その10年後、ロサンゼルスに小さなスタジオを開き、自らのアイデアの製品化に没頭する。1972年にハーマンミラーとの運命的な出会いを果たし、同社の代表作となる作品を多数生み出した。1994年、ビル・スタンフとともに人間工学の象徴としてデザインしたアーロンチェアは、製造前からニューヨーク近代美術館の永久収蔵作品に。 現在も南カリフォルニアに住み、新しい技術を取り入れながら革新を続けている。

Designer

Don Chadwick[ビル・スタンフ]

1960年代、ウィスコンシン大学の環境デザインセンターで研究をしながら、教鞭も執っていたスタンフ。1970年にハーマンミラーへの所属が決まり、1972年に自身のデザイン会社を設立。整形外科および血管系の専門家と共同で、理想的な椅子の座り方について研究を始める。その研究を適用し、エルゴノミクスの先駆けとなるアーゴンチェアを開発。ドン・チャドウィックと共同で生み出したアーロンチェアへとつながった。 スタンフはハーマンミラー社を発展させた立役者で、数々の賞も受賞。2006年にはクーパー・ヒューイット国立デザイン博物館から、ナショナルデザインアワード、プロダクトデザイン部門賞も授与。同年に他界した。

Brand

Herman Miller[ハーマンミラー]

家庭向け家具の会社として1923年にアメリカにて創業。1940年代後半には多くの若者が家庭を持ったため住宅ブームが巻き起こり、それに連れてモダンデザインの家具需要が増え一気に有名となった。1950年代「ジョージ・ネルソン」「チャールズ&レイ・イームズ」「アレキサンダー・ジラード」という名立たる伝説的なデザイナーらと共に、ミッドセンチュリーモダンの象徴的な名作を次々と発表。歴史を大きく塗り替える偉業を成し遂げる「Herman Miller」ミッドセンチュリーファンやコレクターだけでなく世界中の家具好きを虜にしている。