SHOEMAKER CHAIR (シューメーカーチェア)

見た目もかわいい安定感があるスツール

3本脚のスツールの歴史は15世紀にさかのぼり、平らな座面の牛の乳搾り用のスツールとして使われてきました。そのうちに、靴職人が座り心地を良くする為にお尻のかたちにあわせて削ったことがきっかけになり、それにインスピレーションを得て現在のかたちに近づきました。 そのために、シューメーカーチェアと呼ばれるようになったのです。 座ると骨盤がしっかり支えられるため、背もはたれがないが安定感があります。

Designer

Lars Werner[ラーズ・ワーナー]

シューメーカーチェアの製作を引き継いだのがワーナー社の社長でもあるラーズ・ワーナー氏です。もともと木靴を製作する職人だったワーナー氏が体の一部のように使っていた愛着のある椅子をもう一度世に送り出したいと考え復刻生産を始めました。