J39

Fredericia

シンプルなデザインでどんなスタイルのお部屋にも合う椅子

デンマークの近代家具デザインにおける代表的なデザイナー、ボーエ・モーエンセンがFDB(生協)の家具デザイナーとして活躍していた際に作られたシェーカースタイルのダイニングチェア。彼の目指した「簡素で誠実なデザイン」が良く表現されています。

Designer

Borge Mogense[ボーエ・モーエンセン]

1914年デンマーク生まれ。王立アカデミー建築家コーア・クリントに師事し、マイスターの資格を取得。同い年のウェグナーとは協力して商品を作ったり、競い合うなど親交が深かったと言われる。 1942年からはFDBのプロダクトデザイナーマーネジャーとして活動。代表作である、簡素なデザインとペーパーコードによる座面のJ39を生み出す。1950年にFDBを退職後は、自身の事務所を構えて活躍した。

Brand

Fredericia[フレデリシア]

1955年に設立し、後の北欧家具デザイナーの巨匠となる、若きころのボーエ・モーエンセンとタッグを組み、世界に名を轟かせる家具メーカーに成長したデンマークのデザイナーズ家具ブランド、Fredericia(フレデリシア)。 名門ブランドでありながら若手デザイナーも積極的に起用し、北欧家具デザインの伝統的な素晴らしさと現代のニーズを美しく昇華する作品も次々と発表。 今日も、日常を豊かにする家具を追求し続ける世界最高の家具メーカーとして、デザイナーズ家具業界を牽引している。