展示状況:

麻生田店

INLAY chair(インレーチェア)

INLAY_set
5 ほしい!

心地よい姿勢をそのままトレース

丸く削り出した無垢材とプライウッドをジョイントさせ、一筆書きのようなシンプルなフォルムに仕立てたチェア。ゆったりとした幅感で、肘を掛けてくつろぐことができます。クッション付きの内部は、ソファに用いる高密度ウレタンフォームを採用しており、薄くても硬さを意識させない座り心地です。 オーク材のナチュラルとブラックによる板座仕様は、ややお求めやすい価格で。クッションタイプは、ナチュラルオーク×キャメル、ブラックオーク×グレーの2パターンからお選びいただけます。座面は牛の本革仕様で、使い込むことで味わいが出てきます。 ご購入はこちらから↓↓ https://happy-time-direction.com/SHOP/MOS048.html

INLAY_LO_montana_canyon

INLAY_LO_montana_canyon_back

INLAY_LO_seat

INLAY_BK

展示店舗

麻生田店

麻生田店

麻生田店にて展示中です。
詳しくはお問い合わせください。

デザイナー紹介

Ryota-Yokozeki

Designer

横関 亮太(Ryota Yokozeki)

1985年、岐阜県生まれ。 金沢美術工芸大学 製品デザイン学科を卒業後、2017年までソニー株式会社クリエイティブセンターに勤務する。 2016年、藍染めの木とコルクの座面が調和した“AIZOME chair”が、Vitra Design Museumのパーマネントコレクションに選定される。ほか、ifデザインアワードやグッドデザイン賞など、受賞多数。 翌年「RYOTA YOKOZEKI STUDIO」を設立する。プロダクトデザインとクリエイティブディレクションを軸として、家電製品や家具、生活用品、アートにいたるまで、国内外のさまざまなプロジェクトを手掛けている。 2018年より、日本の住環境に適したヨーロピアンスタイルを提案するmoda en casaのデザイナーに参画。 事業内容は株式会社LIXIL、株式会社リクルートホールディングス、コクヨ株式会社ら大手メーカーの商品企画、総合的なデザイン開発サポートなど、多岐にわたる。 注目される国内若手デザイナーの一人。

ブランド紹介

moda en casa

moda en casa

moda en casa モーダエンカーサ

「moda en casa(モーダエンカーサ)」は、日本在住のデンマーク人オーナーが2000年に創業したヨーロピアンスタイルを提案するインテリアショップ。 北欧を中心としたヨーロッパの最新トレンドと日本の生活文化をミックスさせた独自のモダンスタイルを提案。オリジナルブランドのmoda en casa(モーダ・エン・カーサSketch(スケッチ)をはじめ、オーナーの目利きでセレクトされたスカンジナビアンブランドの商品を展開している。