展示状況:

麻生田店

TENSION ARM CHAIR(テンションアームチェア)

TENSION1
2 ほしい!

座った時に座面上部が「しなる」

竹に独自の製法を施し、剛性と弾性を併せ持つチェアを開発。座面の下にスリットを設け、表面は1枚1枚に隙間を空けて、座った時にしなるよう設計されています。板座ともクッションとも異なる独特の感触を体感できます。和室や縁側などにもおすすめで、長くご使用いただけます。

TENSION ARM CHAIR(テンションアームチェア)

TENSION ARM CHAIR(テンションアームチェア)

TENSION ARM CHAIR(テンションアームチェア)

TENSION ARM CHAIR(テンションアームチェア)

伝統文化の香りただよう独自製法

2006年、「竹集成材プロジェクト」というかたちで、地元倉敷市にゆかりのあるデザイナー6名にデザインを依頼したのが発端。竹の特徴を活かしたデザインを念頭に、製品開発が始まりました。竹集成材はダボやホゾで組み立てた時に強度を出すのが難しく、それを克服するために、フレームを5層一体のプレス貼りにしています。脚と座面のパーツを前後から見てみると、2層の小口が見えています。これはホゾ組みのように差し込むのではなく、5層の集成材を互い違いに貼り合わせて作っているもので、抜群の強度を誇ります。洞爺湖サミットのファーストレディー会議場で使用されたり、丸の内の会議室や有明パナソニックセンターカフェなど、さまざまなシーンで活躍しています。和の要素だけでなく、多文化な可能性を秘めた椅子です。

展示店舗

麻生田店

麻生田店

麻生田店にて展示中です。
詳しくはお問い合わせください。

デザイナー紹介

三原顔写真

Designer

三原 鉄平(Teppei Mihara)

1975年生まれ。岡山県立大学デザイン学部卒業。オフィス什器会社を経て、現在は岡山県立大学デザイン学部 准教授。2001年よりプロダクトデザインユニット「CAVE DESIGN」を結成し、第5回国際家具デザインコンペティション旭川入選、第6回国際陶磁器展 美濃審査員特別賞など、受賞多数。

ブランド紹介

TE1

テオリ

TEORI テオリ

1989年、竹の産地である岡山県倉敷市真備町に設立された竹家具専門ブランド「TEORI(テオリ)」。 環境にやさしい素材として注目を浴びている「竹」を、独自の研究・開発により3積層のクロス集成材にすることで家具製造に利用。竹の風合いが楽しめるシンプルでモダンなデザインの家具や雑貨は、新しいジャンルというべきプロダクトだ。