FRITZ HANSEN フリッツ・ハンセン

FRITZ HANSEN フリッツハンセン

フリッツ・ハンセンは、1872年にナクスコウ出身(デンマーク)のキャビネット職人「フリッツ・ハンセン」が通商権を取得したことから始まる。1885年に家具製造会社を立ち上げると、2年後にはコペンハーゲン中心部の製作所を立ち上げ成功を収めた。息子のクリスチャンが品質水準を高めた事で、その後の品質の高さがフリッツ・ハンセン製品の最大の特徴となっている。20世紀初頭から1930年代にかけてクリスチャンは蒸気によるブナ材の曲げ木を開始すると、1930年代には精緻を極め、後々この技法がフリッツ・ハンセンの得意分野となり、成形合板による家具生産へと繋がる。時を経てもモダンで、タイムレスなデザインを生み出すことを使命とし、100年以上のもの間、使命を追求する事で、今では北欧家具のグローバルリーダーとしてのポジションを担っている。美しさと品質、そして職人技の追求への情熱に駆り立てられ「アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、ポール・ケアホルム」を含む国際的なデザイナーとコラボレーションし「エッグチェア・セブンチェア・PK22・スーパー楕円テーブル」など数々の名作家具を誕生させている。

check

フリッツ・ハンセンのデザイン哲学とクラフトマンシップ

我々の歴史に反映し、時代を超えて愛され、新しくてシンプルかつ彫刻的である事。ユニークで受け入れやすいルックスを作り出しいるが、それぞれのプロダクトには独特の品格が。日本の和な空間にも自然と調和してくれる。

フリッツハンセン FRITZ HANSEN

可能な限り高品質な商品をお届けすることに努め、このことを「プレミアムクオリティ」称している。確かな品質をお届けする為に一手間かけることを意味しており、仕入先・素材の選定・パーツの製造に至るまで、常にプレミアムでなければいけません。全てはお客様へ最高のサービスをお届けする為に。

このブランドのアイテム

アイテムはありません。

他のアイテムは下記からご覧ください

メーカー公式サイトを見る