Blog

Category
Archive

熊本のインテリアショップがオススメする「和モダン」アイテム!

Harada Kazuya
飛騨産業

もう8月が終わりましたね。この夏なにか思い出できましたか?

今でも夏休みの宿題で「絵日記」ってあるんですかね?

◯月◯日 晴れ まん延防止措置の為、お出かけはなし。家の中で遊んだ。

◯月◯日  くもり  緊急事態宣言の為、お出かけはなし。アマプラで映画を見た。

住んでる県によっては、こんな内容の日記が書かれている可能性もありますよね・・・子どもの視点での日記って面白いですよね、おもしろ日記集とかあれば欲しいぐらいです。

いきなりですが、質問です!

「北欧」「モダン」「インダストリアル」と様々あるインテリアの中でどんなスタイルが好きですか?私はここ最近「和モダン」が好きで、目に留まるアイテムが「和モダン」のインテリアに合いそうなものばかりです。

それでは今日は私のオススメの「和モダン」についてと、取り入れたいアイテムを紹介していきます。※今回紹介するアイテムは日本のもののみです。

そもそも「和モダン」とは? 

現代のモダンスタイルに「和」のテイストを加えたインテリアの事が「和モダン」となります。簡単に言いますと、洋室に和の建具や家具として障子、畳、無垢材、白壁をところどころに取り入れることで「和モダン」とも言えます。

和モダンで使う家具は、背が低めで、直線的で木目のあるテーブルや木枠のソファ、畳の上には一人用の座椅子を置いたり、座布団なども取り入れる。小物や装飾品においても日本古来の素材や和柄を取り入れ、和の雰囲気がでるよう全体の色合いをアースカラーなどの自然色や天然色などを使ったデザインが多い。

上記にでてくる直線的とありますように「和モダン」といえば「格子」じゃないでしょうか?リノベーションやリフォームでよく取り入れられてますよね。そしてソファの背面に取り入れてあったりと!

ストランド フランネルソファ

この背面すっごく綺麗じゃないですか!?

格子の数・格子の間隔ともにパーフェクトです!

□FLANNEL SOFA(フランネルソファ) STRAND(ストランド)

木フレームのソファは太いものが多いが、STRANDは細いラインにより繊細なデザインを際立たせてある事で、お部屋の主役になってくれます。主役になるだけでなく、他の家具との相性も良く・部屋にきたその日から馴染んでくれます。リビングに置いた場合は、ダイニングとリビングのパーテーションの役割も果たしてくれます。

ソファもいいが一人用の座椅子で自分だけの指定席をつくるってのも良いですよ。

低座椅子 天童木工

床に座るより座布団に座ろう!座布団に座るより低座椅子をオススメします。

座面が広いので、あぐらをかきながら背もたれにもたれる事ができます。このゆったりした感じで美味しい肴をあてにお酒のみたいですね。

□Tendo(天童木工) 低座椅子

坂倉準三建築研究所の長大作が「八代目 松本幸四郎」からデザインを依頼され造ったのが、この低座椅子です。和室に合うデザインに加え、長時間座る時や立ち座りする時にも腰や足に負担が掛からないように設計されているので、安心して至福のくつろぎのひとときを過ごすことが出来ます。※九代目 松本幸四郎(現:白鸚)は楽屋で愛用しているとの事です。

ソファと低座椅子でリビングはもう快適に過ごせますね、では次はダイニングへ!

飛騨産業 クレセント

木の座面だが座った時に堅さを感じる事がない。これは立体的に削る「座繰り(ざぐり)加工」が施してあり、職人の手で丹念に磨き上げることで、やさしい座り心地を実現している。

村上龍が「立ち上がりたくない椅子」と表現した事で、より有名となりました。

□飛騨産業 CRESCENT(クレセント)

クレセントは「触感のデザイン」というコンセプトの基に、目を閉じて座っても、良い椅子だなと思えるような掛け心地や触り心地をつくろうと、デザイナーの佐々木敏光と手を組み開発されました。アームは少し傾斜した丸みのあるフォルムでつかみやすく、そっと手を乗せると自然とアームの裏に指が回り、心地良い安心感を得られます。

次は小物でさらにお部屋をステキにしましょう。

ZERO TEORI

竹のしなりを生かして作られた壁掛けミラー。3サイズ展開しておりカラーは「墨色」「乳白」の2色と絶妙な色合いです。横からのぞいて見ると竹の縁が鏡に映りこみ、奥行きを感じさせ竹の筒だけがそこに浮いているようにも見えます。

自邸だけでなく、新築や結婚のお祝いにもオススメです。

□TEORI(テオリ) ZERO(ゼロ)ミラー

竹は木材に比べ格段に成長が早く、地下茎とよばれる茎を地中に持つため、地上に生えたものだけを伐採すれば新たな造林の必要がない持続的生産が可能で「エコ素材」と言われています。竹の繊維が描く美しい曲線は、存在感があり壁にかける事でアートな空間を作り出してくれます。

さて、4アイテム紹介致しましたが、いかがでしょうか?

気になるアイテムはありましたか!?

中には、これもう使ってるよ!って人もいるのではないでしょうか。

今回ご紹介したのはほんの一部ですし、日本のものだけです。海外のアイテムで「ペーパーコード」のものや「籐(とう)」の家具を「和モダン」にプラスするのも良いですよね。これもいつか書きたいと思います。

コロナが全国的に大爆発し、これからもお家での時間が増えそうです。

お家をより快適にしていきましょう!!!!!!^^