Blog

Category
Archive

テーブルと椅子のサイズ感~4人掛けの巻~

Noguchi Hisayo

先日、「奥様へのクリスマスプレゼントに」と、スツールをご注文された男性がいらっしゃいました。リボンでも付けてほしいと言われ、そんなことならお安い御用です(*^-^*)と、喜んでお引き受けしました。
素敵ですよね~✦✧
誰か私にも、洗面所で使うハイスツールくれないかなぁ(笑)。

 

最近は、来春にご新築予定のお客様が増えているように思います。
まだテーブルも何も決まっていない、という方には、とりあえず何人でご使用されるかをお尋ねしています。
合わせる椅子の数によって、テーブルのサイズも変わってくるからです。

そこで今回は、最も多い4人掛けの場合についてお話しします。

テーブルのサイズが変われば、価格も変わることがほとんどです。
当然、小さいほど価格は安くなります。
予算内でできるだけ価格を抑えたい、という場合は、スクエア(正方形)タイプでも可能です。

LIFE FURNITURE

画像はW(幅)700mm×D(奥行)700mmです。
隣の辺にいる人と、食事中に手が触れる距離感。
恋愛は発展しやすいかもですが(笑)、椅子をすべてテーブルの下に収めることが難しくなってきます。椅子を引いて座る際のスペースも含め、面積的には長方形のテーブルと同じくらい必要です。本来なら、正方形の空間にジャストなタイプ。
少し余裕を持たせるのであれば、W900mm×D900mm程度でしょうか。

ただ、普段使うのは2人だけ、というシチュエーションなら700mmでもありだと思います。

 

吉桂

長方形タイプで椅子を4つ合わせる場合は、W1400mm~が一般的です。
個人的には、この1400mmが最も難易度が高いと思います。目安として、2つ横に並べるにはW500mm以下の椅子となります。
お店で寸法を確かめてもらうと分かるのですが、肘付きの椅子はだいたい500mm以上で作られています。
そのため、上の画像のようにアームレスチェアを選ばざるを得ません。

どうしても、肘を掛けられるものはないですか?という方には、こちらがおすすめです。

ISU003-3 ISU004

ISU WORKSのGシリーズなら、完璧です。ちなみにこの2脚、八代と麻生田で展示してるのでお試しできます。
もしかしたら、予算オーバーかもしれませんが…(^-^;

また、テーブル下の幅も考慮する必要がありますので、脚間をご確認ください。

 

テーブルが未定な場合は、W1500mm以上にすると選ぶ余地が広がります。
アームチェア2脚×アームレス2脚で組み合わせが可能になるからです。
お部屋のスペースが限られている場合も、このパターンは有効です。

短辺にお子さま用の椅子を配置するご家庭なら、少なくとも1500mmあった方が窮屈になりません。

 

気兼ねなく好きな椅子を選びたい、という方には、やはりW1600mm以上のテーブルですね。
100mmの違いでも、コーディネートの幅はぐっと広がりますよ。
アジムajim

 

ちなみにラウンドテーブルも、とりあえず脚間を調べておくことが重要です。

loop stand

 

お客様によって境遇はさまざまなので、当店では細かくヒアリングしています。
サイズが似ている展示品でシミュレーションもできますので、ぜひ一度ご体感いただけたらと思います(^^ゞ