展示中

menu(メニュー)アームチェア

menu10
1 ほしい!

指で楽に持ち上げられるほどの軽さ

小さなお子さまでも楽に持ち運びできるぐらい軽量で、掛け心地のいい椅子を目指して作られたチェアです。木の温かみを感じさせつつ、すっきりと圧迫感のない、阿久津 宏氏らしいデザイン。ゆとりと厚みのある座面が、くつろぎの時間を提供してくれます。

MENU arm chair  宮崎椅子製作所

MENU-01

MENU-8

MENU-6

椅子界のオードリー・ヘプバーンや~!

デザイナーの阿久津 宏氏が、プロジェクトの一端で宮崎椅子製作所と共同開発をしたのがきっかけ。まずは軽い椅子であること。同時に、直線的なラインながら座り心地が良いことを目指しました。最もこだわったのは、背もたれの作りと角度。座面は布の張仕舞いに気を配り、すっきりと見せつつクッション性を感じられる作りになっています。その品質の高さが認められ、menuは宮崎椅子製作所のレギュラー製品に加わりました。

デザイナー紹介

阿久津宏

Designer

阿久津 宏(Hiroshi Akutsu)

1952年東京都生まれ。1975年武蔵野美術大学工芸学科卒。 中島四郎氏に師事し青林製作所入所。その後BY・STEP DESIGN研究所を経て独立し、PLUS ONE PRODUCT DESIGNを設立した。現在もメーカーとの開発や、百貨店のオリジナル家具に取り組んでいる。

ブランド紹介

宮崎椅子製作所

miyazaki

宮崎椅子製作所

1969年の創業以来、木の椅子づくりを専門につくり続けている椅子専門メーカー、宮崎椅子製作所。 木を知り尽くした木工職人と村澤一晃氏、小泉誠氏、Inoda+Sveje氏などの家具デザイナーがタッグを組み、機能性や利便性だけではなく、洗練されたデザインの椅子が揃う。 その圧倒的な技術とデザインは、国内だけではなく、海外からも注目を浴びる日本を代表する椅子の名工。